前へ
次へ

相続税対策のために土地活用を考える

若い時に一生懸命働けばお金が得られ、そのお金を貯金したり不動産として土地を購入したりするでしょう。
資産を残しておけば自分の生活も楽になりますし、子供やその子供たちにも引き継げるかもしれません。
残す資産は置ければ多いほどいいと考えるかもしれませんが、実際のところは残されると困るときもあるようです。
あまり多くの資産があるためにそれを相続するときに莫大な相続税が発生し、そのお金を用意するのに苦労するケースがあります。
土地を持っているときに相続税対策をするなら土地活用をしておきましょう。
相続税を計算する時には資産価値を算定していきますが、現金などはそのままの価値を使うのに対して不動産は土地活用の方法によって異なります。
更地の状態で何にも使っていないと市場価値に近い価値になり税金も多くなります。
一方住宅として利用していたり他人に住居などとして貸していれば資産価値を大きく減らして評価してもらえます。
その分税金を節約することができます。

Page Top