前へ
次へ

老後対策に土地活用が優れるのはなぜか

仕事をしている人に老後のことを考えるように言ってもなかなか分からないかもしれません。
仕事をしていれば給料などのお金が入ってくるので、それらを使っていれば生活ができます。
仕事をしているときはまさか将来仕事ができなくなるとは考えないので、将来的にも仕事をしてお金が得られると考えがちです。
しかし会社等なら定年制があり働きたくても働けなくなります。
また働く体力や気力が無くなる可能性もあり、仕事をしなくなれば収入も無くなります。
老後も生きている限りはお金が必要で、一応国から年金が支給されるものの生活に十分と言えない可能性があります。
そこで行っておきたいのが土地活用です。
まだ仕事をしているうちから新たに土地を買ったり、親から引き継いだ土地を利用すると良いでしょう。
土地活用としてよく言われるのが賃貸物件の運営で、建物を建てておけば将来的に賃料が得られます。
老後に働けなくなって年金だけしか受けられなくても、賃料収入が得られれば生活の足しにできるでしょう。

Page Top