前へ
次へ

土地活用によって固定資産税を減らす

土地を持っているときにその土地に住宅を建てたり商業施設を建てたりしていればうまく活用できていると言えるでしょう。
しかし既に住宅を持っている人は住宅用の建物は不要ですし、商業施設を建てたとしてもどう運営していいかわからなければ建てることができません。
そのため土地を更地のまま保有するケースがあります。
土地に関しては固定資産税がかかることになっていますが、更地の状態だと特に減税されることなくそのまま税金を払わなくてはいけません。
国としても土地をどんどん活用してもらいたいと考えていて、それを促進するために土地活用が認められると固定資産を減税してくれる措置が受けられます。
自宅用の建物を建てると減税効果が大きく、アパートなどの賃貸物件で土地活用をしているときは若干減税効果が減ります。
しかしそれによって毎年一定額の税金を減らせるとなると将来的に支払う税金分をお金として残すことができます。
自宅があるならアパートなどを建てると良いかもしれません。

Page Top